職場では底辺の放射線技師が、「あー、放射線技師って定年後にレントゲンの知識だけあってもしょうがねぇーな」と病院の外の世界に挑戦してみます。愛妻からの小遣いは食事込み3万です(泣

プロフィール

ayukeyhana

Author:ayukeyhana
1977年生まれの子供2人持ちパパです。
趣味はパチンコ!まさにダメ男(ToT

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード

参加ブログランキング

どれかをポッチっと押していただけると、、

FC2ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村 パチンコブログへ

あなたのポジションに良い事あります!?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

週報+キッシンジャー博士の大胆予測 

あけましておめでとうございます。
久しぶりの更新となりますが新年早々、火事を間近で見たダメ技師です。

今日は実家に帰ってましたが帰りの車で

「日高義樹ワシントン・リポート 「激動の予感米国に危機?キッシンジャー博士の大胆予測」

というのを途中からですが見ていました。運転中なので聞いていたというか。。。
(同時通訳でないのでチラチラ見てたというか・・英語わからないし)

恥ずかしながらキッシンジャー博士って誰って思いましたが。。。
元米国務長官なんですね。
キッシンジャー博士のwikiこちら
内容が「今後の米ドルの~」「大統領が民主党から~」とかタイムリーな内容だったので見ました。

yahoo日経板で大胆予測の内容をまとめてくれた方がいたので引用させて頂きますが。

◎冒頭の日高義樹の言葉のまとめ 2008年の世界は大きく変わろうとしている。
8月の北京でのオリンピックが行われ、中国に大きな変化がやってくることが予想される。
アメリカでは強気の世界外交を展開してきたブッシュ大統領が最後の年になる。
北朝鮮、イラン、中東全体をどうするのか、いづれにしても大きな変化がやってくる
一方、アメリカで民主党政権が出来ると保護貿易、ドル安は避けられない。
石油は消費が増え続ける中で、中東で大事件が起きれば石油危機がやってくる。
こういった問題に対し、2008年に何が起きるかキッシンジャー博士に聞いてみる。


◎第1部 オリンピックの後中国バブルは崩壊するか?
・中国はオリンピックによって世界に力を示そうとしている。
・オリンピックのあと、中国が世界制覇などを試みるはずがない。
・オリンピックのあと、バブル崩壊が始まることはない。

◎第2部 アメリカは北朝鮮をどうするつもりか?・北朝鮮との交渉がうまくいけば2008年、ライス国務長官の北朝鮮訪問がありうる。
・日本は大切な国だが、北朝鮮は崩壊国家に過ぎない。
・北朝鮮のために日本との関係を損ねてはならない。
・北朝鮮の地上軍は韓国を侵略して制圧する力はない。

◎第3部 誰がアメリカの大統領になるか?
・共和党は民主党よりも経済拡大論者だ。
・民主党の大統領が登場する可能性があるが、私は共和党のマケイン上院議員を推している。
・アメリカとの交渉は2008年中に始めた方が良い。新しい政権が出来れば混乱する。
・中国政策が大きく変わることはない。

◎第4部 プーチン大統領は何を考えているのか?
・プーチンはロシアを統一しようとしている。
・プーチンは第二の冷戦を始めるつもりはない。
・プーチンは石油を政治的に使っているが結局は売らなければならない。

◎第5部 日本はどうすべきか?
・安部前首相は日本の政治家たちに足を引っ張られて失敗した。
・10年先には日本は大変な軍事大国になる。
・アメリカは日本に関心がある。だが問題がないので何も言わない。
・日米安保条約は依然として重要だ。

◎2008年 キッシンジャー博士10の予測
1.中国の民主主義が暴発することはない。
2.中国経済は拡大し続ける。
3.北朝鮮との交渉がうまくいけば2008年北朝鮮の核の内容が明らかになり廃棄が始まる。
4.民主党大統領が出現する可能性がある。
5.民主党といえども自由貿易をやめることは出来ない。
6.アメリカの景気の先行きは不安だ。
7.ドルは弱くなっているがどこかで安定する。
8.石油の新しい供給源が見つからなければ現在の高値が続く。
9.政権が交代し、人々が変化を見守ろうとするため安定した状況が続く
10.イラク、イラン、北朝鮮、環境、エネルギーの問題では変化が起きる年になるだろう。

◎最後の日高義樹の言葉のまとめ
 キッシンジャー博士からすると2008年は平安の年になるという予測だ。
イラクの戦争が一段落し、中東の情勢が平常化しつつある。そして北朝鮮が崩壊国家で日本が身近で感じているような恐れは感じられない。
アメリカと中国との関係はアメリカ政府が続けているエンゲージメントによって、当分は中国は成長を続け問題は起こさないだろう。
ロシアもプーチンが国をしゃにむになって立て直しているが、世界を動かすまでには至らないだろう。というのが、キッシンジャー博士の予測だ。
 日本が今考えなければならないことは、日本は今や大国である。日本の周辺の北西アジア・北東アジア
と言ったような問題を考えるだけでなく、世界全体の政治・経済・世界の歴史的な問題を包括的に考えねばならない。

だそうです。(「だそうです」というのは運転しながら途中から見ていたので、、、)

この内容をみなさんがどういう解釈をし、今後のFXの戦略はどうすべきか?教えて頂きたいものです(^^

今年も宜しくお願いします。

まだまだ応援して貰える内容ではありませんが勉強しますのでポッチとなをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ

★PR★
外交〈上〉外交〈上〉
(1996/06)
ヘンリー・A. キッシンジャー

商品詳細を見る

ちょっと難しいそうな本ですがレビューの評価は良いです。名著とありました。
スポンサーサイト
2008/01/06 23:19|FXTB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://rtfx.blog111.fc2.com/tb.php/90-068ec6ae

ブログ内検索

amazon.co.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

商材ランキング

Copyright(C) 2006 ダメ放射線技師のダメ投資 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。